スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人体の不思議展

 昨日7月30日の午後、休みを取って「人体の不思議展」を見に行ってきた。もっとたくさんの標本があるのかと思っていたが、それほどでもなかった。
 まわって見ている間、動悸がしていた。本物の遺体をこれだけの数見ることはないからなあ。さわれる標本もあった。ドキドキしながら脳を持ち上げてみた。しっとりして硬めのシリコンのようだった。立っている標本にもさわれたが、むき出しになった骨に触れてみただけだ。
 写真パネルに解説があったりするが、実際の標本が裏返しになっていて解説部分が見えないものもあった。地方で開催するときの意識の低さが感じられた。骨密度測定や脳年齢測定をやっていたが、1,000円払ってまですることでもなかろうと思ったが、入っていく人も見られた。
 「~生前からの意志に基づく献体によって提供されたものです。」のような表示のパネルがあったが、「それは違う」という意見も聞く。ポーズをとっている標本の肩、肘、膝等の関節部分が切られ、無理矢理ポーズをとらされているのはどうなのだろう。
 本を1冊、下敷きを2枚購入して帰った。授業で使いましょうか。
スポンサーサイト

部分日食

 今日は奄美大島等では皆既日食を見られたようだ。残念ながら島根県では見られません。子どもたちをつれて出雲の科学館へ行ってきた。観察用の眼鏡をくれるかも?と思って出かけたのだが、貸し出ししかなかった。自分用には準備していたので、子どもたち用に借りて観察を始めた。子どもって飽きっぽいなあ。(わかっていたので、ほとんど相手もせずに自分のことばかりしていた。)館内では配信される動画を見られるようになっていたそうだ。(見に行かなかったので分からない。)望遠鏡で見られる像をモニターに映して見せていた。望遠鏡も覗かせてくれたりしていた。あんなのを見ると自分用にほしくなるんだなあ。
 今日したのは観察用眼鏡越しにデジカメで撮ったこと。双眼鏡の像を紙に映したこと。これは近くを通る人も写真に撮っていた。近いうちに理科のページにアップします。

続きを読む

次男、迷子になる 恵比寿祭り

 昨日20日は「えびす祭り」だった。奥さんは子ども二人(長男は19~22日隠岐へ)を連れて街の中へ。しかし、疲れのたまった身体で歩き回る気はせず、実家でゴロゴロ。花火の音に誘われて、外へ出てみるが、流れない煙の中に咲く花火。3発も見たかな。また家に入ってゴロゴロ。21時になるのに帰ってこない。しばらくすると次男がはぐれたとの連絡あり。行きの車の中で「歩いて家に帰っていい?」と聞いていた次男。「帰るならおばあちゃんの家だよ。」と言われていた。22時の時報が鳴る頃、玄関の戸が少し開き、「こんばんは」。飛び出してみると半ベソの次男が立っていた。暗い中を1kmほど歩いて帰ってきたようだ。「次男、迷子の巻き」でした。

激しい雨

激しい雨の中、電線にとまってじっとしているハト。今日は警報が出るかも。P1000182.jpg
プロフィール

goncho

Author:goncho
時々思いついたことを書いていきます。不定期な日記です。

カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
リンク
お天気BOX









RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。